神社
神社
岡崎神社
40名 ¥187,500
岡崎神社

平安京の四方の東を護る神社。格式ある広い本殿で荘厳に。

平安京の四方の東を護る神社として広く尊敬され、殊に神代の昔御祭神スサノオの命がクシイナダヒメの命を救う為、ヤマタノオロチを退治された有名な故事により、縁結びの神様として篤く信仰されています。40名まで参列できる森中の本殿では、清々しい挙式が行えます。

■住所 〒606-8332 京都市左京区岡崎東天王町51番地
■桜鶴苑よりお車で15分
■最大収容人数 本殿40名
■音楽の種類 雅楽二管生演奏

平安神宮
38名 ¥218,000
平安神宮

参道の大鳥居は国の登録有形文化財に登録されています。

平安神宮は平安遷都1100年を記念して、明治28年に遷都のおや神様である第50代桓武天皇をご祭神として創建されました。その後、皇紀2600年にあたる昭和15年には、市民の懇意によって平安京有終の天皇、第121代孝明天皇のご神霊が合わせ祀られ、「日本文化のふるさと京都」のおや神様として広く崇敬を集めることとなりました。

■住所 〒606-8341 京都市左京区岡崎西天王町
■桜鶴苑よりお車で10分
■最大収容人数 38名
■音楽の種類 雅楽三管生演奏

上賀茂神社
50名 ¥198,000
上賀茂神社

世界文化遺産に登録された国宝の本殿での挙式です。

平安遷都よりも以前から鎮座する格式ある神社です。御祭神賀茂別雷大神は大自然そのものをお祀りしています。王朝絵巻を伝える葵祭の神社として知られ、源氏物語・枕草子にも記されているほど。洛北の賀茂川沿いの歴史的風土特別地区にあり、御殿は雅な平安様式でほとんどが重要文化財です。平成6年には世界文化遺産にも指定されています。婚礼は国宝本殿の前で厳かに行われます。

■住所 〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339
■桜鶴苑よりお車で40分
■最大収容人数 50名
■音楽の種類 雅楽二管生演奏

護王神社
50名 ¥171,750
護王神社

京都御所 蛤御門の向かい。朝日舞や人力車散策で思い出深い挙式。

桓武天皇と平安京造営に貢献された和気清麻呂公と姉君和気広虫姫を祀る。京都御所蛤御門近く。表門には樹齢100年を越え京都の巨樹銘木百選に選ばれた御神木カリンの木がそびえます。御本殿前の厳粛なお式では神職による朝日舞。式後の人力車での散策も魅力です。

■住所 〒602-8011 京都市上京区烏丸通下長者町下る桜鶴円町
■桜鶴苑よりお車で20分
■最大収容人数 50名
■音楽の種類 雅楽二管生演奏

吉田神社
40名 ¥177,000
吉田神社

厄除けまいり発祥の神社。日本国中の神をお祀りしています。

緑なす吉田山に、清和天皇の貞観元年(859年)に創建された京の都の守護神として信仰の篤い神社です。大きな赤鳥居から境内に続く石階段は京都の風情を醸し出しています。夫婦和合の神がまつられている本殿でのお式で、幾久しい幸せを祈念します。

■住所 〒606-8316 京都市左京区吉田山
■桜鶴苑よりお車で15分
■最大収容人数 40名
■音楽の種類 雅楽三管生演奏

南陽院
40名 ¥198,000
南陽院

洗練された美と気品を感じさせる、挙式でしか公開しない特別な庭園。

明治41年、当時の南禅寺の名僧を慕った京都の富豪から寄与されたお寺。 庭園は平安神宮の神苑や山県有朋の無鄰庵庭園を造った、小川治平衛の見事な石庭。裏山を借景にした閑雅な情景です。

■住所 〒606-8435 京都市左京区南禅寺福地町33
■桜鶴苑より徒歩3分
■最大収容人数 40名
※「花嫁専用車」は含まれておりません。

高台寺(高台寿聖禅寺)
30名 ¥198,000
高台寺(高台寿聖禅寺)

北の政所が建立。多くの重要文化財と小堀遠州の庭園が壮観。

豊臣秀吉の夫人北の政所が開創したお寺です。秀吉が遺したと言われる時雨亭などは重要文化財に指定され、小堀遠州作の庭園が見事。東山霊山の山麓にあり京都らしい景観の中での挙式です。

■住所 〒605-0825 京都市東山区高台寺526
■桜鶴苑よりお車で30分
■最大収容人数 30名

圓徳院
20名 ¥177,000
圓徳院

秀吉とねねゆかりの寺院。重要文化財もある厳かな雰囲気です。

北の政所が伏見城から移築した化粧御殿と前庭です。北の政所は19年の余生をここで過ごし、大名や茶人、陶芸家など多くの文化人が訪れたと言われています。

■住所 〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町530
■桜鶴苑よりお車で30分
■最大収容人数 30名

知恩院
50名 ¥348,000
知恩院

浄土宗総本山。大小106等もの伽藍が広がる壮大な寺院。

華頂山の麓に壮大な佇まいをみせる、浄土宗総本山、知恩院。厳粛な中にもおおらかな雰囲気をたたえ、「忘れ傘」「鶯張りの廊下」などの七不思議でも親しまれています。数々の国宝、重要文化財を有する、京都屈指の名刹での挙式は、阿弥陀堂の仏前で。み仏様に7本の花を捧げる「行華(あんげ)の儀、み仏様に近いの言葉を述べる誓詞朗読と、阿弥陀様の前で執り行う厳かな儀式は、忘れることのできない深い感動を呼び起こすでしょう。

■住所 〒605-0062 京都市東山区林下町400
■桜鶴苑よりお車で10分
■最大収容人数 50名